更生教会のブログ

Archive: 2012年03月  1/2

明日4月1日は受難週礼拝です

天気予報通りの大荒れの天気になりました。そんな中、教会桜の開花を宣言しますでもよくわからないですね、残念ながら明日は受難週消火礼拝です。 礼拝のプログラムは以下の通りです。 ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10 幼小科・・・礼拝堂中高科・・・2階集会室 分級は合同で進級式です。◎第1主日礼拝  午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『土曜日のキリスト』 山口紀子伝道師 聖書 ...

  • 0
  • 0

西東京教区高校生春キャンプ

27日は町田市にある農村伝道神学校へ行ってきました。ここが学校の中心ではもちろんないですがこの広場があまりにも素晴らしかったので・・今回は西東京教区の高校生春キャンプ。スタッフも含め22名の参加。2泊3日ですが、私は初日だけキッチンスタッフです。これが私達が使わせていただいた研修棟の裏手。梅や桃、水仙・・春本番が楽しみなところです。まずは礼拝午後はオリエンテーリングとグループディスカッション高校生...

  • 0
  • 0

ユースフェスティバル

私達の教会は、ホーリネスの群に属しています。25日~26日は、首都圏の教会でユースフェスティバル。フェスティバル?若い人中心の春のキャンプだと思ってください。ただ、野外のキャンプ場ではなく、教会でやってます。例年は東京聖書学校のある、東京聖書学校吉川教会ですが今年は拡張工事が始まるので赤羽教会をお借りしました。まずは集まった方々でオープニングのレセプション                     ...

  • 0
  • 0

2012年3月25日 礼拝メッセージ

「それは災難から始まった」マルコ15:21-32山口紀子伝道師    クレネ人シモンは北アフリカの植民都市クレネの出身。祭りのためにエルサレムへ来ていたところ、突然主イエスの十字架を負わされゴルゴタまで運ばされました。 21節をよく見ると、マルコはシモンの事を「アレキサンデルとルポスとの父シモン・・」と記しています。わざわざ彼がそう記すのは、最初の読者である初代の教会がアレクサンデルとルポスを知っ...

  • 0
  • 0

明日25日はオープンチャーチ礼拝です

先週今週は卒業式帰りの保護者の方々とこども達をたくさん見かけました。教会の桜のつぼみも少しずつふくらんできましたしもう春ですね。明日25日はオープンチャーチ礼拝。初めての方にぜひいらしていただきたいと願っています。◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ)午前10:00ー幼小中高合同でさんびします。礼拝堂にて。そのままオープンチャーチ礼拝です。◎第4主日礼拝 (オープンチャーチ礼拝)午前10:30~...

  • 0
  • 0

教区全体研修会

20日の春分の日、西東京教区の全体研修会が阿佐ヶ谷教会で開かれました。午前は礼拝。柳下明子先生が御言葉を取り次いでくださいました。午後は講演会。奥田知志(ともし)先生をご存知でしょうか。北九州の東八幡キリスト教会の牧師でありNPO法人北九州ホームレス支援機構で活動をされています。「自分の十字架~ホームレス支援から見た日本」と題して「絆」とは何か?20年に渡るホームレス支援を通して大震災を通して、お...

  • 0
  • 0

2012年3月18日 礼拝メッセージ

「どこまでも低く降る王」マルコ15:16-20山口紀子伝道師 1・王として死におもむかれる主イエス。 十字架刑が確定した主イエスは鞭打ちの刑へと引きだされ、さらに兵士たちの嘲弄にさらされます。「また彼をあざけり、つばきをかけ、むち打ち・・・」との受難の予告が実現していきます。 もしも主イエスが偉大な教師であるだけならば、人々は敬いそこに摩擦はなかったでしょう。しかし彼が「神の子キリスト」「ユダヤ人...

  • 0
  • 0

明日18日は礼拝です

昨夜は暖かいと思っていたら今日は雨の1日・・・寒いです・・・でもこうやって、ひと雨ごとに春になっていくのですねこれはひかりのこがシュロの葉で十字架をつくったもの。今、教会は受難節の中にあります。明日は礼拝です。 礼拝のプログラムは以下の通りです。 ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10 幼小科・・・1階ホール 中高科・・・2階集会室新しく中学生になるお友達を招待しての礼拝で...

  • 0
  • 0

2012年3月11日 礼拝メッセージ

「この人を見よ」マルコ15:1-15山口紀子伝道師  受難予告(8:31,9:31-32,10:33-34)がひとつひとつ実現していきます。ユダヤの最高法院で死刑判決を受けた主イエスは「異邦人」ピラトの手に渡されました。 ピラトは、人物はともかくユダヤ総督にまでなっただけの洞察力は持っていたようです。ねたみによって死刑判決を受けたと見抜いた彼は、主イエスを無罪にしようと努めます。 囚人バラバとイエス、どちらを恩赦にす...

  • 0
  • 0

明日11日は礼拝です

明日で東日本大震災からちょうど1年を迎えます。聖書には「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。」ローマ人への手紙12:15とあります。とても難しい事です。しかしイエス・キリストが人となられたのはそのように人の喜びを喜び、悲しみを共に悲しむため。そして、救うためでした。教会の暦では、今は受難節(レント)。十字架の苦しみを苦しみ、死んで下さった方を深く覚える時です。大切な方を亡くされた方々、今なお...

  • 2
  • 0