更生教会のブログ

Archive: 2012年08月  1/2

2012年8月26日 礼拝メッセージ

「神が何と答えられるかを見よう」ハバクク書2:1-4浅田美由紀牧師ハバククは、偶像礼拝の中にあったユダ王国で、直接神様に訴えかけた最初の預言者と言われています。ハバククは思いを注ぎ出し、神様に期待して注意深く答えを待ち望みました。神様の答えはこのようなものでした。「幻を書き記せ。」いつまでに来るかは私たちには分からないけれど、たとえ遅いと感じても待っていなさい、それは神様が定めた時よりも滞ることは...

  • 0
  • 0

明日26日はオープンチャーチ礼拝です

8月も最終週ですが厳しい残暑が続きます。みなさんお変わりないでしょうか。明日26日の礼拝プログラムは以下の通りです。浅田美由紀先生(浦和別所教会副牧師・KGK主事)をお迎えします。    ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10 幼小科・中高科合同  浅田先生 ◎第4主日礼拝  午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『神が何と答えられるかを見よう』 浅田美由紀牧師 聖書 ハバクク書...

  • 0
  • 0

一度は挑戦してみたい

教会とは全然関係ないのですが・・姉と姪が8月20日21日と、富士山に登ってきました。すごい傾斜です。一生に1度はしてみたい事の1つ、富士登山!みなさんは登ってみたくはないですか?最後は富士山メロンパンで。...

  • 0
  • 0

2012年8月19日 礼拝メッセージ

「あなたを祝福するために」使徒行伝3:11-26山口紀子伝道師 生まれつき足の不自由だった男性が、今立ち上がり歩いている!それを見て神殿にいた人々がかけ集まってきました。ペテロは絶好の機会を逃しません。 今回の説教には、前回のペンテコステ直後の説教と重なる部分が多くあります。これが初代の教会の宣教の原型だからです。今回ペテロは主イエスを「僕イエス」と表現しました。「僕」とはイザヤ書の42章から登場...

  • 0
  • 0

明日19日は礼拝です

近畿地方の大雨被害にあわれた方々に深くお見舞い申し上げます。東京も先ほどから雷を伴う大雨が降っています恵みの雨にとどまりますように。先週はユースバイブルキャンプで日光へ行ってきました。昼間の暑さは東京と変わりませんが朝晩の涼しさ、また空の高さが、雲が秋を告げていました。明日19日の礼拝プログラムは以下の通りです。   ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10 幼小科・中高科...

  • 2
  • 0

サマージャンボクリスマス!

8月13日~16日まで、日光オリーブの里でホーリネスの群の首都圏ユースバイブルキャンプが開かれました。今回のテーマがサマージャンボクリスマス~喜びをあなたに~キャンプファイヤーをしながら「きよしこのよる」を歌うという不思議な体験をしてきました。考えてみれば、クリスマスは12月25日だけではなくイエス・キリストを信じた日がクリスマスといえるわけでそうすれば365日がクリスマス夏のキャンプではこれまで...

  • 0
  • 0

2012年8月12日 礼拝メッセージ

「イエス・キリストの名によって」 使徒行伝3:1-10山口紀子伝道師 ペテロとヨハネは、神殿で物乞いをしている生まれつき足の不自由な男性に出くわしました。 1・物乞いをする側と施しをする側、そこには出会いがあるようでありません。しかし二人は男性をじっと見、また彼にも自分達を見るように促します。ここに人格的な関係が生まれます。男性が求めていたのは金銀でした。しかしそれはその時限り。彼を本当に立たせる...

  • 0
  • 0

明日12日は礼拝です

お盆の帰省ラッシュが始まりました。12日はいつもと違うところにいらっしゃる方も多いのでしょうか。教会はいつものように礼拝をささげています。ただ・・・群馬では、夏は人が増え(帰省や旅行で)ましたが     東京では逆に人が減るんですねぇこれは6日から8日までひかりのこがキャンプを行った、富士見高原の写真です。涼しくて、まだアジサイが咲いていました。明日の礼拝プログラムは以下の通りです。   ◎ひかりのこ...

  • 0
  • 0

ひかりのこ富士見キャンプ

8月6日(月)から8日(水)までひかりのこは長野県の富士見高原にキャンプに行ってきました今回はこども10人、スタッフや保護者15名。行きは大雨の中でしたが3日間お天気も守られさわやかな高原でたくさんの恵みをいただいてきました!これは朝の礼拝を野外で行い、これから動物たちの世話にでかけるところです。ヤギの乳をしぼって、それをカルピスにしたり、チーズにしました。アルパカの毛を使って、ストラップまで作らせて...

  • 0
  • 0

2012年8月5日 礼拝メッセージ

「ゆるがない平和」イザヤ35:1-10山口紀子伝道師 「荒野」「かわいた地」「さばく」…瑞々しい生命からは対極にあるこの地の過酷さを、イザヤは知らないがゆえに夢のような事を謳っているのではありません。むしろその現実をよく知っていたのが彼らです。彼らの手は弱り、膝はよろめき、心おののいていたのです。ところがその彼らの手の力を奪い、膝をよろめかせた荒野が再生し、花は咲き乱れる、といいます。「強くあれ、...

  • 0
  • 0