更生教会のブログ

Archive: 2013年02月  1/2

ある日曜日の午後③

今日24日は寒~い1日でした晴れたものの、風は冷たく、東京マラソンの方々も大変だったのでは?教会では午後珍しく何もなく、子ども達だけが夕方まで遊んでいきました。今日は午後初めて来てくれた子達が5人。最初から最後まで、ボール遊び!子どものエネルギーってすごいです。...

  • 4
  • 0

明日24日はオープンチャーチ礼拝です

週末は寒波とのことでしたが東京はおだやかな日になりました。豪雪地帯の皆さんが守られますように。明日の礼拝プログラムは以下の通りです。   ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10  幼小…1階ホール  中高…2階集会室 ◎第4主日オープンチャーチ礼拝  午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『目からうろこが落ちました』       山口紀子牧師 聖書 使徒行伝9:1-19     ...

  • 0
  • 0

東中野教会に行ってきました

17日、同じ日本キリスト教団西東京教区の東中野教会に初めて行ってきました。JR中央線東中野駅から徒歩5分くらいです。この日は鈴木重正牧師の就任式。教会の方々と、お祝いに駆け付けた方々でいっぱいでした。両サイド2列は少し高くなっていて、全体が包み込まれるような礼拝堂。背後の天からパイプオルガンの音色が降りそそぎます。12月の自分の就任式を思い出して感動しながら帰ってきました。...

  • 0
  • 0

ある日の青年会

更生教会では第2日曜に各会(青年会・共励会・婦人会・親交会)を開いています。2月は臨時総会があった関係で第3週17日に。私と神学生は、4つある会を回っていますが私は今月は青年会へ出席しました。今回はマルコによる福音書4:35-41を共に読みました。イエス・キリストと弟子たちが向こう岸へ渡るために湖に漕ぎ出すのですが途中激しい突風に遭います。その嵐を主イエスは言葉だけで静められた、というのが大まかな...

  • 3
  • 0

2013年2月17日 礼拝メッセージ

「喜びへと変わる旅」 使徒行伝8:26-40山口紀子牧師 エチオピアの宦官の救いには3つの導きがありました。 1・主なる神様の導き…「主の使が…」(26)、「主の霊が…」(39)。主役はピリポでも宦官でもなく、主なる神です。しかしそこには2人の謙遜と従順もありました。サマリヤ伝道が祝されているのに、今は荒れ果てているといわれるガザへ下る道へとピリポは従います。宦官も、突然現れたピリポに従順に手引きを求めます。神...

  • 0
  • 0

講演と賛美の集い

今日17日(土)は西東京教区の「講演と賛美の集い」。今年で4回目だそうです。最初に企画したときは、まさか毎年開催することになるとは思わなかったそうで・・各教会の聖歌隊を始め、さんびグループからぜひ続けてほしい、と要望があったのだそうです。今年は12教会から16グループが参加。トーンチャイムあり、二胡あり、ギターあり。更生教会からは、聖歌隊と有志、ひかりのこクワイアが参加。「叫べ全地よ」「だから今日...

  • 0
  • 0

明日17日は礼拝です

今日は風の冷たい日になりましたなかなか暖かくなりませんね。しかし、明日は礼拝。中は暖かくして、みなさんをお待ちしています。明日の礼拝プログラムは以下の通りです。    ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10  幼小…1階ホール  中高…2階集会室 ◎聖書を読む会午前9:45-10:15小集会室(1階奥です)マルコによる福音書を読んでいます。 ◎第3主日礼拝  午前10:30~12...

  • 0
  • 0

アシュラムに行ってきました

2月11日は、毎年城北アシュラムに参加しています。「アシュラム」とは、サンスクリット語です。「ア」は「〇〇から」。「シュラム」は「勤労」を意味します。つまり、勤労の生活から退き、神に聴き神と交わり、神の恵みにあずかる集会、という意味です。具体的には、聖書からの語りかけに耳を澄まし、メッセージを聞き、そのあいだ、あいだにグループで分かち合い祈りあいます。今回の会場は三鷹にあるホーリネス教団池の上キリ...

  • 0
  • 0

ひかりのこ誕生会

2月10日、ひかりのこでは礼拝後に誕生会を開きました。11月から3月生まれの方々まで、こどもだけでなく、大人にも招待状を送ります。まずは絵本の読み聞かせ。マックス・ルケードの「たいせつなきみ」シリーズです。それから感謝のお祈りをしてお菓子をいただきました...

  • 0
  • 0

2013年2月10日 礼拝メッセージ

「まかれた種」使徒行伝8:1b―25山口紀子牧師 ステパノの殉教をきっかけに、エルサレム教会に大迫害が起こりました。しかし生きて働かれる神は、試練を試練で終わらせません。この時の迫害の急先鋒、サウロはこの後回心し、大伝道者となります。また迫害で散された信仰者達がその先々でイエス・キリストを宣教したのです。「散された」とは「撒かれた」という意味でもあります。私達も試練の中にある時こそ信仰を働かせましょ...

  • 0
  • 0