更生教会のブログ

Archive: 2015年02月  1/1

明日3月1日は礼拝です

今日も穏やかな1日でしたね数年前に花粉症を発症しました。最初は軽かったのに、年を追うごとに感度が良くなってきたようで、今年はどうでしょう?花粉症の皆さんお大事に明日は外に出ず、室内で一緒に礼拝をささげませんか?のようですが・明日の礼拝プログラムは以下の通りです。  ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10  幼小科・・・1階ホール  中高科合同…2階集会室  ◎第1主日礼拝 ...

  • 0
  • 0

2015年2月22日礼拝メッセージ

2月22(日)の礼拝メッセージ断片 ルカ10:38-42『無くてはならぬもの』            山口紀子牧師 主イエス一行を迎え、もてなしに回ったマルタと主の言葉を聞いていた妹マリヤ。手伝わない妹を怒るマルタに主は、無くてはならぬものは1つであり、マリヤは良い方を選んだと言われました。 マルタタイプの友人が、ここを読むと自分が否定された気持ちになると言いました。そうなのでしょうか? 名前を2度呼ぶ。聖書...

  • 0
  • 0

明日は礼拝です

明日はオープンチャーチ礼拝。初めての方を歓迎しています。◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10  幼小科・・・1階ホール  中高科・・・礼拝へ ◎第4主日礼拝 オープンチャーチ礼拝 午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『無くてはならぬもの』          山口紀子牧師 聖書 ルカ10:38-42       (新約聖書106ぺージ)    招詞 マタイ11:28 交読文...

  • 0
  • 0

2015年2月15日礼拝メッセージ

2月15(日)の礼拝メッセージ断片  マタイ5:38-48『もっとすぐれた義~敵を愛する』               山口紀子牧師 「目には目を、歯には歯を」。これは復讐を許す法ではなく、無制限の復讐を禁止する法です。犯罪に対して適切な刑罰を下すのは社会正義の根本ともいえます。 ただ、根底に愛と寛容がないと、相手の責任をどこまでも追及し屈服させる口実にもなりえます。 「目には目…」に対し、主イエスは悪人に手...

  • 0
  • 0

明日15日は礼拝です

今日は風が冷たく寒い1日でしたね。それでももう2月もなかば。もうすぐ春です明日は礼拝の日。礼拝ににいらっしゃいませんか? 明日のプログラムは以下の通りです。◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10 幼小科 1階ホール中高科 2階集会室◎聖書を読む会マルコによる福音書を読んでいます。 午前9:45~10:15 小集会室◎第3主日礼拝  午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『も...

  • 0
  • 0

2015年2月8日礼拝メッセージ

2月8(日)の礼拝メッセージ断片 マタイ5:27-37『もっとすぐれた義~性・結婚・誓い』                               山口紀子牧師 反対命題の2番目、「姦淫」とは不倫の事です。主イエスは「情欲をいだいて女を見る者は心の中ですでに姦淫をしている」とおっしゃいました。 ルターはここから「私は鳥が頭の上を飛ぶ事を妨ぐ事はできない。しかし頭の上に巣を作らせる事はしない」と言いました。...

  • 0
  • 0

春ですね

2月11日(水)、第46回城北アシュラムへ行ってきました。会場の池ノ上キリスト教会さんの前庭で紅梅が一輪ほころんでいました。思えば今年ももう、2月も半ばです。ふるさと吾妻の梅(実家の庭)は3月ですが、東京は早いですね。こちらは更生教会の庭のパンジー。日差しをあびて、元気です。「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのならあなたがたに、それ以上よくしてく...

  • 0
  • 0

明日8日は礼拝です

立春を過ぎ、すこしずつ春めいてきました明日は礼拝にいらっしゃいませんか?明日の礼拝プログラムは以下の通りです。  ◎ひかりのこ(子ども向けの礼拝とお楽しみ) 午前9:00-10:10  幼小科・・・1階ホール  中高科合同…2階集会室  ◎第2主日礼拝  午前10:30~12:00 2階礼拝堂 『もっとすぐれた義~性・結婚・誓い』          山口紀子牧師 聖書 マタイによる福音書5:27-37   ...

  • 0
  • 0

2015年2月1日礼拝メッセージ

2月1(日)の礼拝メッセージ断片 詩篇103篇『すべてのめぐみに心をとめよ』            山口紀子牧師 過去の「べきだった」という後悔の念と、未来の「もし」という思い煩いが、私たちが今現在を生きる事を困難にしているとヘンリ・ナウエンは言います。 <今>を生きるために過去と未来にどう対処したらいいのでしょう。 詩篇103篇の詩人は言います。忘れてはいけないのは「べきだった」という後悔ではなく「...

  • 0
  • 0