Welcome to my blog

2021年4月4日イースターメッセージ

4月4日()の礼拝メッセージ断片マルコ16:1-8

『石はすでにころがしてあった』 山口紀子牧師

 

女性たちの心配は、墓の入口をふさぐ「石」でした。ところが行ってみると、すでに石は転がしてあったのです。

「石」とは何でしょうか。自分では動かしがたい環境や試練ともいえます。その場合、石は人それぞれです。では全人類に共通する、決して動かせない「石」は何でしょう。それは「死」です。

女性たちは外側から石が取りのけられていることを喜びました。しかし実は、内側から見て喜ばなければならなかったのです。なぜならば、私たちこそ墓の中にいる存在だからです。死の世界、罪の世界に閉じ込められているのです。ところがこの朝、その壁が破られました。もはや死は決定的なものではありません。

イースター、それは疑うべき日なのです。古来、教会に伝わる言葉に「復活祭の疑い」という言葉があるそうです。キリストの復活を疑うのではありません、死の力を疑うのです。人は誰でも死にます。この厳然たる事実を、主イエスの復活を知った者は疑い始める。死は動かしがたい石ではない。すでに石は転がしてあるのです。死で終わらない。後に復活が約束されているのです。

Comments 0