Welcome to my blog

2021年4月11日礼拝メッセージ(山本修一師)

4月11日()の礼拝メッセージ断片ルカ24:13-35

『エマオからエルサレムへ』 山本修一牧師

 

その日の午後、絶望と悲しみ、傷心の思いをもって、とぼとぼとエマオへ帰る二人の弟子がいました。この情景は、罪と死を負って暗い人生を歩む、私たちの人生の縮図そのもののようです。

  しかし主イエスは、二人を放っておかれることなく、ご自身の方から近づき、一緒に歩き、聖書を説きあかし、「心が燃える」恵みを与えられたのです。

 残念ながら私たちは、主が近づき語りかけられても、気がつかないことがあります。むしろこれが私たちの現実なのです。二人の弟子と同じように「目がさえぎられて」(16)いるからです。

 「目がさえぎられて」には二つの意味があります。第1は信仰者ではあっても、キリストとの個人的な関わりがなくなった(失われた)状態にあること。第2はキリストに対する理解が、偏見、誤解、そして思い込みに満ちているため、キリストの人格を正しくとらえていないことです。私たちも、キリストとの関係が空虚、希薄になったり、あるいはみ言葉に対する思いこみ、偏見、先入観などから、霊的な「目がさえぎられて」いることはないでしょうか。

 「エマオへの道」は、イエスさまを見失い、希望を失い、命から死に向かう道でした。逆に「エルサレムへの道」は、イエスの復活を確信し、死から命へ、絶望から希望へ向かう道でした。キリストの復活は、私たちの人生を方向転換させます。今、お互いに、確信と希望と喜びをもってエルサレムに向かって歩みましょう。

 

Comments 0