Welcome to my blog

2012年2月5日 礼拝メッセージ

「先にガリラヤへ」

マルコ14:22-31

山口伝道師



この朝の御言葉の前半部分・過越の食事において、

主イエスは聖餐式の原型を示されます。

この後「あなたがたは皆わたしにつまずくであろう」

と言われる「一同」に対して、

そのような自分を裏切る群れのために

主イエスはご自分の肉を裂かれ、

血を流して下さるのです。



 食事が終わると、彼らはオリブ山へ出かけます。

その途中、主は弟子達が散らされる事を予告するのでした。

「しかしわたしは、よみがえってから、

あなたがたより先にガリラヤへ行くであろう。」

イエスの死は神の計画です。

しかしそれで終わりません。

主は甦り、離散した弟子は再び集められる。

そして、私達の日常の場に、先に行っていて下さるのです。



 

Comments 0