Welcome to my blog

世界聖餐日

10月の第1日曜は世界聖餐日です。



私達の教会では、年に4回聖餐式を行っていますが

そのうちの1回がこの日。



私は現在補教師ですので、聖餐式の司式ができません。

11月の按手礼を受けて初めて正教師になります。



そして、正教師になると、聖餐式と洗礼式を

執行することがゆるされます。

(これをプロテスタントでは聖礼典としています)



今回も前任者の原田謙師に聖餐式の司式を

お願いすることができました。







聖餐式ではパンとブドウジュースをいただきます。

パンはキリストの裂かれた肉、

ブドウジュースは流された血の象徴です。



それを味わう事で、キリストが私たちのために死んでくださったこと

甦られたこと、そして再び来られることを覚えるのです。



聖餐式は、「見える」恵みです。







聖餐式の讃美歌はいくつかありますが

私たちは聖歌206番を賛美しています。















Comments 0